職人の声

手刺繍

刺繍を施すのは フィニッシュの美しさ

色の数は基本色だけで500色強、針を裏に通し、裏から表に出していく作業はすべて勘で行っています。

「刺繍を加えることで、きものがだんだん豪華にそして品格が出てきます。
そのときの布のきしみが、まるで貴婦人の笑い声のように思えてくることがあります。そのようなときは、すべての調和が取れているときです。」